新正卓 公式ホームページ

写真表現・映像表現 新正 卓 公式ホームページ-English-

Information
2016年9月19日掲載


新正 卓 展
ARAMASA Taku Photographs
かなた こなた 2014
約束の大地 / アメリカ 1997

 

HP : 東京パブリッシングハウス

 

 

かなた こなた OROgraphy

ARAMASA Taku - OROgraphy -
KANATA KONATA ©ARAMASA Taku
OROgraphy (digital-positives)
Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
KANATA KONATA ©ARAMASA Taku
Color OROgraphy (digital-positives)
Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
KANATA KONATA ©ARAMASA Taku
Color OROgraphy (digital-positives)
Pictorico TPW100 Film
Copyright©2016 ARAMASA Taku All Right Reserved.

 

 

約束の大地 / アメリカ Palladium Print 14" X 17"

ARAMASA Taku - OROgraphy -
TOPAZ, UTAH, July1997 ©ARAMASA Taku
ARAMASA Taku - OROgraphy -
GILA RIVER(canal camp),ARIZONA, August1997 ©ARAMASA Taku
ARAMASA Taku - OROgraphy -
GIRA RIVER(BUTTE CAMP), ARIZONA, August1997 ©ARAMASA Taku
ARAMASA Taku - OROgraphy -
JEROME(SEWAGE TREATMENT OLANT),ARKANSAS, August1997 ©ARAMASA Taku

Copyright©2016 ARAMASA Taku All Right Reserved.

 

 

 

 

開けた眺めと、奥まった眺め    大日方 欣一

 

 新正卓(1936年生れ)はこれまで数多くの作品で、いまここからの眺望が水平方向に遠い彼方へつらなる、広々と開けた地理上のポイント(人間のつくり出す文明のへり、外部への開口部ともいうべき)に立つことを、自らに与えられた使命のように引き受け、確信をもってそれを反復してきた写真家といえる。

 わけても、東西冷戦の終焉後に続く1990年代に取り組んだ一連の仕事、すなわち、第二次世界大戦とその戦後処理の歴史過程が残した痕跡を、ロシア、北米大陸の各地に分布する荒野のただ中に照射=直視していく作品群(シベリア抑留日本人兵が強制労働に従事した地を巡った「沈黙の大地/シベリア」、北米日系人たちの強制収容キャンプが存在した跡地をたどる「約束の大地/アメリカ」)で、彼は一貫して大型カメラを用い、さながら丘の上の灯台のごとく、歩哨の眼のごとく、地上の果てへ伸び広がる水平世界と向き合い、見渡すことと凝視することを一つずつのショットで同時的に錬成し続けた。それらはとりも直さず、荒野の光景をつらぬく歴史という垂直軸=不可視の時の隔たりへ向け、眼差しを遠投していくチャレンジでもあった。(彼方へつらなる時空の広がりと対峙していく新正のアプローチ、問いの立て方は、次いで2000年代以降、陸と海の境に立つ「HORIZON」シリーズへ受け継がれ、滔々たる展開をみることになる。)

 だが、と立ち止まる。彼はひたすら "開けた眺め" だけを追ってきたのではないのだ。ある周期で、この写真家は、"奥まった眺め" に集中することがある。

 例えば、2009年発表の「frame & vision −blessing in forest−」と題するシリーズで、新正は、森の奥深いところへ大型カメラを持ち込んだ。勾配の変化に富み、足もとの著しく不安定な地点に立つことを求め、森の混沌のただ中で、写真装置がオートマティックに演繹する空間規則に揺さぶりをかけ、見ることの座標軸のとり方を問い直している―― "開けた眺め" と対峙する眼差しを営々と錬成してきた彼が、ときに、このように "奥まった眺め" へ沈潜し、環境世界へアプローチする自らの視座を再考、組み換え、更新しようとしているように見えるのは興味深い。

 2016年の新作「かなたこなた」に開示される "奥まった眺め"。九州、近畿、東北など、列島各地の様々なロケーションにそそり立つ岩壁や、岩壁を穿った壁龕の内壁などに刻まれた石仏――いわゆる "磨崖仏" にレンズを向けるこのシリーズで、新正は、歴史的な石造美術のドキュメントを制作しようとしているのか。いや、そうではあるまい。"奥まった眺め" の中に鏡などを使って光を入射させ、長い歳月を経てきた石の仏たちの姿を浮かびあがらせる、というここでのアプローチは、不可視の時の積層=隔たりをつらぬき超えようとする強い働きかけではないだろうか。新正はここで、列島のランドスケープとともにあり、黙したまま万象と向き合い続ける磨崖仏たちから、いまここにある意識と遥かな時空の広がりを繋ぐ、対峙の技法を学ぼうと意志しているのではあるまいか。

おびなた きんいち フォトアーキビスト/写真・映像研究

 

2016年9月3日掲載


新正 卓 展
OROgraphy - ARAMASA Taku
HORIZON
Visible Transfiguration/The Border/Vegetation

- 大阪NikonSalon -
会期:2016年9月8日(木)〜9月14日(水) 10:30〜18:30 (最終日は15:00まで)
場所:〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階
    ニコンプラザ大阪内/会期中無休
HP : ニコンプラザ大阪

 

ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Vegetation
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Vegetation
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Vegetation
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Vegetation
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Vegetation
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Vegetation
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Vegetation
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Vegetation
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
Copyright©2016 ARAMASA Taku All Right Reserved.

 

 

■HORIZONに寄せて

大日方 欣一

 

 新正卓の「HORIZON」は、1990年代後半から撮影行が始まり、2006年に催された新正の回顧展「黙示」(於・武蔵野美術大学)でその一部が公開された後も、写真家自身の当初のプランを大きくはみ出し、変容の過程を経てきたシリーズである。2012年の東京パブリッシングハウス(横田茂ギャラリー)、2014年ロンドンのAnnely Juda Fine Artでの発表に続き、いよいよ2016年ニコンサロンでの個展において、プロジェクトは一つの頂へ至り、「HORIZON」全貌が明らかにされようとしている。

 さかのぼればこの写真家の歩みは、南洋パラオ諸島の浜辺、風に流れる砂と雲のあいだに立つヌードの女性を撮った、黒白のコントラストの鮮やかな一枚から始まっていた(『カメラ毎日』1969年8月号掲載)。陸と海、天と地、明と暗とが接 しあい、溶けあう、海岸線上の(現代文明の彩りや喧噪からは孤絶した)地点にレンズを構え、大いなる混沌へ、無窮の彼方へまなざしを投じる――。 「HORIZON」と題するシリーズはまさに、出発点にあったそのまなざしの、半世紀近くを経過しなお止まない反復=深化としてあるのだと思われる。

 写真家としてデビューした後、新正は1970年代末頃から、地球上の広大な地理範囲をたどる撮影行を敢行し、次々とドキュメンタリー・フォトの力作を発表していく。南米大陸を訪ね、各地で齢を重ねる日系移民第一世代の風貌に迫った「遥かなる祖国」(1985)。新正自身が少年期をすごした旧満洲、中国東北地方へ数十年ぶりで再訪したことをきっかけに、いわゆる中国残留日本人たちの現在と向きあった「私は誰ですか」、「双家族」二部作(1990)。さらに、第二次大戦後のシベリア抑留日本兵たちの足どりをロシア各地にたどる「沈黙の大地」(1995)、同大戦中に北米の日系人たちが送りこまれ、社会的に隔離されたキャンプ跡地の光景を見つめる「約束の大地」(2000)。これらは、近代史の過程で国策により異邦に生存の地をもつことを運命づけられた日本人たちの、それぞれの歳月と足跡を写そうとする作品群であり、新正はどのシリーズでも一貫し大型カメラの精密な描写力を用い、海を越え、国境を越え、此方と彼方のあいだの遠い隔たりという事態を凝視し続けたのである。

 今回展示される「HORIZON」シリーズは、上記のドキュメント群がかたちを成し、円環を結んだその後、引き続いて展開が始まったもので、ある意味、 それは「遥かなる祖国」から「約束の大地」までの作品が持続的に問い、見すえてきた歴史と現在、彼方と此方のあいだを分かつ圧倒的な隔たり=厳然たる "境界" の厚みに、別のアプローチで迫っていこうとする試みと受けとめられよう。

 本作において新正卓は、列島各地の海ぎわに切り立つ崖上にカメラ・ポジションを探し、日本と呼びならわされた圏域を輪郭づけている(だが、確然と見えるはずもない)境界が横たわる彼方へ、まなざしを遠投していく。ここでの身ぶりは、もはやドキュメンタリーという枠組みに収まるものとは言えず、あたかも夢や忘我状態の時に魂がさまよう場所を眺めているかに思えてく る。これらの画面に向き合っていると招魂または魂鎮めの気配めいたものが寄せ来て、スケールの大きな視界を静かに満たしだすようだ。

 「HORIZON」シリーズは3つのパートから構成されている。「境界」、「植生」、及びピンホール・カメラで撮影された「可視の変容」の各パートで、世界の遠近を抱握するべく近年新正が実験をかさねてきた"OROgraphy"の方法(1900年前後のアメリカの写真家エドワード・カーティスが手掛けた金泥を用いるガラス・プレート陽画の写真術にヒントを得て、デジタル技術をまじえ新正が独自に生み出した黄金印画術)が導入されている。画像の組成に金 という物質を加味することで、眺めは奥行きを深め、翳りを積層し、此方と彼方を溶け合わせるような光の効果が現出している。

おびなた きんいち フォトアーキビスト/写真・映像研究

 

 

2015年10月17日掲載

colorOROgraphy プロジェクト完成発表
ARAMASA Taku / Yomi no Sakura

「黄泉さくら」(仮題)

- OROgraphy -
ARAMASA Taku ©
Yomi no Sakura
OROgraphy (digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)

ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku ©
Yomi no Sakura
OROgraphy (digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku ©
Yomi no Sakura
OROgraphy (digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku ©
Yomi no Sakura
OROgraphy (digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku ©
Yomi no Sakura
OROgraphy (digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Fukushima)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Oita)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Nara)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Oita)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Oita)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Fukushima)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaisenkoku(Nara)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)×2
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Miyagi)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)×2
KANATA&KONATA-Magaibutu(Fukushima)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)×3
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Miyagi)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)×3
KANATA&KONATA-Magaibutu(Oita)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)×4
Copyright©2015 ARAMASA Taku All Right Reserved.
2014年12月21日掲載

colorOROgraphy プロジェクト完成発表
ARAMASA Taku / MAGAI

「かなたこなた」(仮題)

- OROgraphy -

 

ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Fukushima)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Oita)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Nara)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Oita)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Oita)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Fukushima)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Miyagi)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)×2
KANATA&KONATA-Magaibutu(Fukushima)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)×3
ARAMASA Taku ©
KANATA&KONATA-Magaibutu(Miyagi)
colorOROgraphy(color digital-positives)
Pictorico TPW100 Film (900×610m/m)×3
Copyright©2015 ARAMASA Taku All Right Reserved.
2014年3月8日掲載

-Annely Juda Fine Art- LONDON

ARAMASA Taku / One Men Show 「HORIZON」
- OROgraphy -
26 March - 26 April 2014

 

 

 

 

 

カタログ詳細はこちらをクリックしてください

 

 

 

2014年1月26日掲載

-Annely Juda Fine Art- LONDON

ARAMASA Taku / One Men Show 「HORIZON」
- OROgraphy -

27 March - 26 April 2014
23 Dering Street London W1S 1AW UK
Tel:+44 (0) 20 7629 7578
Fax:+44 (0) 20 7491 2139

ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Visible Transfiguration
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Visible Transfiguration
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Visible Transfiguration
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Visible Transfiguration
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Visible Transfiguration
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Visible Transfiguration
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Visible Transfiguration
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film
ARAMASA Taku - OROgraphy -
ARAMASA Taku
HORIZON -Visible Transfiguration
OROgraphy (digital-positives) Pictorico TPW100 Film

-Annely Juda Fine Art- LONDON の詳細はこちらをご覧ください。

2014年1月4日掲載

-Annely Juda Fine Art- LONDON

ARAMASA Taku / One Men Show 「HORIZON」
- OROgraphy -

27 March - 26 April 2014
23 Dering Street London W1S 1AW UK
Tel:+44 (0) 20 7629 7578
Fax:+44 (0) 20 7491 2139


詳細はこちらをご覧ください。

2012年3月3日掲載

ARAMASA Taku Photographs OROgraphy 製作現場。

 

 

詳細はこちらをご覧ください。

2012年1月27日掲載

ARAMASA Taku Photographs OROgraphy を発表。

「ARAMASA SAKURA」シリーズは2つのパート(in black box / in black room)からなる。そのうち、ピンホール・カメラで撮影された「in black box」では、世界の遠近を抱握するべく近年新正が実験をかさねてきた"OROgraphy"の手法(1900年前後のアメリカの写真家エドワード・カーティスが得意とした金泥を用いるガラス・プレート陽画の写真術にヒントを得て、デジタル技術 "digital positives" をまじえ新正が独自に生み出した黄金印画法 )が導入されており、未見のヴィジョンが今回初めて披露された。画像の組成に金という物質を加味することで、眺めは奥行きを深め、翳りを積層し、此方と彼方を溶け合わせるような光の効果が現出している。

小論文「HORIZON」に寄せて、より抜粋 大日方欣一・フォトアーキビスト/写真史研究

詳細はこちらをご覧ください。

2011年4月25日掲載

人や地球を見つめる日本発の本格的グラフ文化誌 『風の旅人』 次号vol.43に
ARAMASA 'SAKURAが表紙1〜4&巻頭見開きに掲載される予定です。

詳細はこちらをご覧ください。


2011年3月20日掲載

ARAMASA Taku photographs 2011 ARAMASA 'SAKURA
新正 卓 写真展 開催のご案内

ARAMASA Taku photographs 2011
ARAMASA 'SAKURA black box & black room
Na2 プラチナ・パラジウム プリント と 私家A2版写真集( A2 size)の内覧会

詳細はこちらをご覧ください。


2011年3月20日掲載

新正卓からのメッセージ

2010年3月13日掲載

NHK(総合)NHKアーカイブス拡大放送に新正卓生出演
京女三人 桜の下で
〜記念写真につづられた20年〜

NHKアーカイブス拡大再放送のお知らせ

タイトル:NHKアーカイブス
放送日:平成22年4月4日(日) 総合テレビ 午後1時35分〜2時45分(70分)

詳細はこちらをご覧ください。


2010年2月25日掲載

Gallery OUT of PLACE, Nara
開廊5周年記念展へ出展のお知らせ

 

開廊5周年記念展 < abri > 家…ホーム
会期 : 2010年2月25日(木)― 3月21日(日)
開廊 : 木・金・土・日 12:00 - 19:00  休廊 : 月・火・水

 

詳細はこちらをご覧ください。


2010年1月20日掲載

「土門拳と土門拳賞受賞作品展」へ出展のお知らせ

土門拳と土門拳賞受賞作品展

2010年1月20日(水) - 4月4日(日)に開催される[土門拳と土門拳賞受賞作品展]に新正卓の受賞作が出展されます。

 

詳細はこちらをご覧ください。


2009年8月16日掲載

日本初プレミアムフォトアートフェア
東京フォト2009開催!

東京フォト2009

2009年9月4日(金) - 9月6日(日)に開催される日本初の国際的な写真のアートイベント、
東京フォト(TOKYO PHOTO)に東京画廊+BTAPが出展します。

 

詳細はこちらをご覧ください。


2009年8月8日掲載

ARAMASA SAKURA (仮) 最新作予告

ARAMASA SAKURAARAMASA SAKURA

2005年5月、新正卓 はサンフランシスコで ARAMASA SAKURA を発表し好評を得た。翌年3月より「続」ARAMASA SAKURA (仮名) の制作に取り組み2009年のシーズンを経て30数点の最新作を完成した。未だ其のプロジェクトの銘々には至っていないが、ここに予告の2点を掲載する。2010年春検討を加えた上展示発表をする。ARAMASA SAKURA は教鞭をとっていた武蔵美大映像学科のカリキュラムの一環として、ケミカル写真基礎原理としての参考教材(針穴写真)から出発した。今回の最新プロジェクトは暗箱に見立てた室内へのピンホール映像を更に長時間露光で最撮したものである。


2009年7月5日掲載

東京画廊
非実在のフォト(光)・グラフ(描) 開催 2009年7月8日(水)〜8月8日(土)
The Photograph of Nonexistent

新正卓、古家万、山口理一、吉田茂規、Koh Myung Keun、Song Dong

非実在のフォト(光)・グラフ(描)

1.ARAMASA Taku, blessing in forest 002, 2007
2.Shigeki Yoshida, 41st & Park Ave, 2003-2008
3.Man Furuya, No.032208 Seascape and The Moon, 2008
4.Koh Myung Keun, Buildng 9, 2004
5.Riichi Yamaguchi, 090112, 2001
6.Song Dong, Waste Not, 2006

 

詳細はこちらをご覧ください。

2009年6月20日掲載

東京画廊+BTAP「常設コレクション展」開催 2009年7月8日(水)〜8月8日(土)
新正卓 「frame & vision」より -blessing in forest- が参加展示されています。

東京画廊+BTAP「常設コレクション展」
2009年6月10日掲載

美術批評・大嶋浩氏より 東京画廊+BTAP 「frame & vision」
-blessing in forest- 展へ寄せてコメントをいただきました。ご一読ください。

2009年3月21日掲載

東京画廊+BTAP 新正 卓 個展 「frame & vision」 -blessing in forest-

東京画廊+BTAP 新正 卓 個展 「frame & vision」 -blessing in forest-

2009年5月7日(木)より、東京画廊+BTAPにて、
新正 卓 個展 『 frame & vision 』 を開催いたします。

トークショー:
2009年5月9日(土)15:00〜17:00
新正卓×大日方欣一(写真史研究・写真評論)×田中正之
(武蔵野美術大学美学美術史教授)
オープニング・レセプション:
2009年5月9日(土)17:00 − 19:00
定休:日・月・祝 開廊時間:11:00-19:00(土: -17:00)

詳細はこちらをご覧ください。

2009年1月10日掲載

新正 卓 のインタビュー特集

新正卓のインタビュー 新正卓のインタビュー 新正卓のインタビュー

新正卓のインタビューが特集photon work No.3,No,4で掲載されています。

2009年1月3日掲載

黙示/ARAMASA Taku Photographs

-武蔵野美術大学出版局 2006/12/01初版 定価7,400円 e-book Revelation

黙示/ARAMASA Taku Photographs

 

ARAMASA Taku Photographs 黙示-新正卓論-はじめにより抜粋

写真家 新正卓 は近年、日本列島各地の海岸線をめぐり、「海へ…そして境界」と題するシリーズの撮影をすすめてきた。2枚、ないしそれ以上の枚数のショットを隣り合わせ、一続きの画面で水平線のある眺めを遠望したこの写真群は、今回、初めて世に問われることになった。

「船影はもとより、鳥にすらじゃまされないで撮影できる場所を探した」と、新正 は語る。ほとんどが断崖で撮られているように見え、聞くところによると、波打ち際から40メートル以上、ときには200メートル近い高さの地点でカメラを備えているケースもあるらしい。

「境界」というキーワードは、第一義的には、視界の奥に見渡せる水平線のことを指すと思われるが、またもう一つ、撮影地点と眼下の海のあいだのこうした高低の落差ということとも関わっているだろう。すぐ足元に、陸と海が鋭くせめぎあう境界=崖が切り立っている。

新正 はこのシリーズのため、数年の探索を経て、自らの求める行為にふさわしい、うってつけの撮影地5ヶ所へ至りついたという。北海道の天売島礼文島、島根・隠岐諸島の西ノ島、長崎・生月島、東京都下・式根島、いずれも離島の崖であり、いわばそれぞれが、“日本”と呼びならわされている風土の縁のところに位置している。五つの地点から遥かな洋上へレンズを向け、時節を移しつつ撮ることをたび重ねて来た。 写真史家・大日方欣一